植物ステロールとは、健康成分であるファイトケミカルの一つで、細胞膜に存在しています。

 

植物ステロールとコレステロールの関連性

 

βシトステロールやスティグマステロールなどの40種類の成分が混ざっており、野菜や果物、植物由来の油から摂取できます。植物ステロールにはコレステロールを下げる効果があります。食べ物からコレステロールを摂取すると、小腸が吸収するために胆汁酸ミセルが溶けやすい性質に変えます。植物ステロールは、可溶化させるのをブロックすることで、小腸が吸収できないように働きかけます。コレステロール値が下がれば、動脈硬化や心筋梗塞などの命に関わる病気にかかりにくくなります。

 

コレステロールを下げるためには、1日800mg〜1000mgを摂取しなければなりません。植物由来なので副作用は心配しなくても良いですが、油に溶けやすいビタミンAやビタミンEの吸収まで阻害します。よってビタミンが不足しそうになったら、一旦摂取を控えるようします。薬では高血圧の治療薬の作用を強めることがあるので、特にサプリメントで摂取する時は薬の服用と時間を空けなければなりません。食べ物では精製する前の大豆油やコーン油、kごま油などに植物ステロールはたくさん含まれています。精製すると少し減りますが、調理に油を使うことは多いので、続けて摂取するにはこれらの油を利用すると良いです。

 

ピーナッツやごま、大豆にも含まれ、バナナやリンゴ、レタスにも少しは含まれています。日本人は1日に平均で200mg〜400mg摂取しているので、コレステロールを下げるためには、植物ステロールのサプリメントで補給します。最近はコレステロールを上げたり太る原因になったりするマヨネーズに植物ステロールを配合しトクホにしていされた商品を扱うメーカーが増えています。マヨネーズは欧米化した日本の食卓に欠かせない調味料で、食事を美味しく食べながらコレステロールもコントロールするので、健康的だと多くの人が購入しています。