ローヤルゼリーについて

 

ローヤルゼリーの成分は?期待できる効果は?

 

ローヤルゼリーとは、成分のほとんどがアミノ酸やビタミンやミネラルでできており、糖分は10%程度と低く、水分も4%以下となっています。はちみつと同様に考えられがちですが、その栄養素は、はちみつとは大きく異なり、生活習慣病のひとつとされる糖尿病の予防や症状の改善や、国民病と呼ばれるガンの予防、細胞増殖の防止にも役立っています。また、ローヤルゼリーに含まれるデセン酸やアルチルコリンには、血圧を調整する成分が多く含まれていますので、高血圧だけでなく低血圧の方にも効果があります。

 

動脈硬化などのリスクを増加させるメタボリックシンドロームや肥満にも、ローヤルゼリーに含まれている必須アミノ酸やビタミンが有効とされています。また、血管の詰まりを予防する効果のあるパントテン酸も多く含んでいますので、脳卒中や心筋梗塞などの予防にも効果があるとされています。女性にとても重要な栄養素である、必須アミノ酸も豊富に含まれていますので、お肌を再生して若々しく保ってくれる作用があり、その効果は、挙げればキリがありません。ローヤルゼリーの特有成分であるアピシンには、細胞の代謝を促す効果や抗酸化作用がありますので、美容の大敵といわれる活性酸素を除去して、すべての細胞の酸化を防いでくれる作用もあります。

 

さらに、加齢とともに減少していく成長ホルモンであるパロチンも補ってくれますので、細胞の生まれ変わりを促進させるアンチエイジング効果も期待することができます。

 

お肌を美しく保つだけではなく、骨や内臓の成長促進、ストレスに強くなるなどの効果もありますので、鬱病や自律神経失調症などの精神疾患、冷え性や肩こり、むくみなどの症状の改善なども、多数報告されています。継続して摂取することで免疫力も向上していき、自然由来の成分であることから副作用もほとんどありませんので、病気の予防だけではなく、病後の体調管理などにも大変多く用いられています。