ラクトフェリンの働きとは??

 

最近よく耳にするラクトフェリンにはどんな効果が期待できるのか?

 

母乳の中に多く含まれ、赤ちゃんの成育に欠かせないとされるラクトフェリンが最近、注目されるようになりました。その効果は健康な生活を送りたい人だけでなく、美容の面でも大いに期待されています。

 

サプリメントなどからでも取り入れることが出来ますが、もちろん、食べ物からも得ることが出来ます。ラクトフェリンが多く含まれているものに、牛乳、スキムミルク、チーズ(ナチュラルチーズ)、ヨーグルトなどの乳製品があります。

 

ラクトフェリンには抗菌作用、腸内環境改善作用などがあるため、体の持つ免疫力にも働きかけることにより、インフルエンザなどの予防にも役立つことが知られています。

 

また、最近の研究で歯周病にも効果が発揮されることが、わかってきました。ラクトフェリンの持つ優れた抗菌作用が、歯周病毒素に効果があるため、歯磨き粉などに配合され、歯周病予防や改善にも役立っています。そもそも、歯周病はそのままにしておくと歯が抜けてしまうということだけでなく、心臓病や脳卒中などの大きな病気に結びつくことが多いため、それの予防にもラクトフェリンは一役買っていることになります。

 

また、抗菌、あるいは炎症を抑えるという性格から、肌荒れ予防やニキビ対策にも効果を発揮します。ラクトフェリンは腸内環境をよくするという面で、無理なく健康的にダイエットが出来るだけでなく、肌やホルモンにまでよい影響を及ぼします。

 

ラクトフェリンは腸で主に就寝中に威力を発揮します。そのため、出来るだけ、より効果的に摂取するタイミングとしては、就寝前を目安にするとよいでしょう。そのとき、腸内環境を改善するビフィズス菌などと一緒に飲むとさらに相乗効果が期待できます。

 

また、ラクトフェリンには体内の鉄分を吸収する作用があるため、鉄分の不足による貧血の予防や改善にも役立つことが出来ます。
その他にも,ピロリ菌や0157などの菌にも効果があるので、食中毒の対策にも有効です。