大豆には健康促進に役立つ様々な栄養素が含まれています。

 

大豆イソフラボンの体内での働きについて解説

 

その中でも近年注目されているのが”大豆イソフラボン”です。大豆イソフラボンとは、その名の通り大豆食品に含まれる栄養素の一つです。その分子構造が女性ホルモンの一種エストロゲンと似ていることから別名”植物性エストロゲン”と呼ばれています。大豆の胚芽に含まれ、女性ホルモンと似た働きをすると言われています。

 

女性ホルモンはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があり、女性の月経期のリズムに伴ってバランスよく分泌されています。これらの女性ホルモンの最大のミッションは”妊娠のための環境を整えること”です。月経が始まる思春期の頃はまだ女性ホルモンバランスが安定しません。逆に月経が終了に近づく40代前後位からは女性ホルモンの分泌が急に減りますのでこれもまたバランスが崩れることとなります。これがよく聞かれる”更年期障害”と呼ばれるものです。この体の変化は、ほてりやめまい、不眠、肩こり、頭痛と様々な体調不良を引き起こしてしまいます。

 

また、妊娠をつかさどるホルモンなので肌や髪を美しくしたり、女性らしい身体をつくる事にも大いに貢献します。子孫を残すための妊娠ですから男性に魅力的に見せるための生理機能なのです。ですから女性ホルモンが減少すると肌が油っぽくなったりシミができるなどの肌トラブルを招き、バランス的に男性ホルモンが多くなり体毛が濃くなることもあります。このような働きは大変理にかなっていて神秘的ですが、女性の身体と本当に密接に関わっているのです。

 

大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをすることがわかっていますので、摂取によってホルモンバランスを保つのを助け、更年期障害の軽減、女性特有の体の不調を整えてくれる効果が期待できます。その他にも、悪玉コレステロールや血糖値の上昇を抑える働きがあり、動脈硬化などの生活習慣病の予防に効果があります。